二個の心

日常と心の中の日記

夏の思い出

彼女と一緒に見た海は今までで一番の思い出です。

その日は日の光も眩し過ぎず、とても爽やかな風が吹いていて、穏やかな気持ちになれました。


もしも今、その時に戻れたとしてもきっと同じように過ごし、何も変わらないと思います。

こうすれば良かったとか、こうしたいとかはあるんだけど、一歩先に行く勇気もなければ、そんな立場にないと思ってます。


気持ちだけあっても本当にダメなんですね。

好きな気持ちだけあっても何も出来なくて、助言になってるのか、なってないのかわからない言葉をただ投げかけるだけです。


彼女には幸せになって欲しい。

それだけを願います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。